薬を持つ男性と患者を診る医者

バルサルタン(ディオバン錠)は安い高血圧薬

バルサルタン(ディオバン錠)とは、血圧の上昇を防ぐことができる薬です。
高血圧症は、通常よりも心臓から送り出される血液の圧力が高い状態であることを意味しており、このような状態が継続的に続いていると血管に圧力がかかるため、それが負担となり、血管が少しずつ硬くなっていきます。
このように血管が硬くなる症状を動脈硬化と言い、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になることから、命に関わることもあるため、早期の治療が必要になります。

高血圧は万病の元となるため、しっかりとした投薬治療を受けて、安定した血液の圧力にしておくことが極めて大切になります。
血圧を上げる物質の1つには、アンジオテンシンIIと呼ばれるものがあり、この物質により血圧が上昇します。
この物質を作用を抑制することで血圧を下げることができ、ディオバン錠にはこの症状を抑える効果があるので、結果として血圧の上昇を抑えることができるのです。

バルサルタンを服用することによって、血圧を下げる効果があり、すばらしい効能の引き換えに副作用も存在しています。
主な副作用として、めまい、頭痛、動悸、腹痛、低血圧などの症状が報告されています。
このような症状が出た場合には、副作用の影響を正確に把握しなければならないため、処方してもらった医師に相談することが極めて大切になります。

服用方法としては、1回40~80mgを1日1回を服用します。
症状によっては、一日160mgまで増量されることもあるのですが、患者さんの症状や体調などを医師が判断して処方されることとなります。
小児であっても服用することができるため、体重や症状に合わせて1回20mgを1日1回服用します。
ノバルティスからもジェネリック医薬品として同じ効能の薬が販売されており、より低価格な値段で高血圧の症状を抑えることができる薬が多く販売されるようになってきています。
ディオバン錠はどこの薬局でも販売されているメジャーな薬です。

同様の高血圧治療薬の中でも薬価が安いのが特徴

バルサルタンは洗髪製品がディオバンのジェネリック医薬品です。
ノバルティスファーマが開発した薬の後発品に当たります。
バルサルタンは成人は1日1回40~80mgを服用することが標準です。
もちろん、年齢や症状に応じて適切に増減することとなります。
増量のが限界は1日160mgとされております。

バルサルタンは血圧を上げる作用を持つ体内物質を抑制する働きをします。
そのおかげで体内の血管が拡張し、水分や電解質が調整されるところから血圧が下がっていくのです。
そして心臓や腎臓の負担を軽軽減する効果も期待されます。
高血圧症治療に使用されるのが主な用途です。
心臓病や腎臓病にも有効と見られています。
バルサルタンは血圧を適切に維持する役目を果たしており、これは将来起こるかもしれない脳梗塞や心臓病、腎臓病の防止に寄与することとなります。

バルサルタンの副作用は、さほど重篤なものはありません。
体の倦怠感、めまい、頭痛などが出ることがありますが、慣れてくればさほど負担には感じなくなります。
懸念すべき副作用はありませんが、バルサルタンが効き過ぎることで、血圧が予測以上に下がり、強烈なめまいや立ちくらみに見舞われることもあります。
ときには失神などのように、一時的な意識喪失の事例も報告されています。
高齢者や夏季脱水時、あるいは利尿薬など他の薬と同時に服用するにあたっては注意が求められます。

バルサルタンは後発医薬品であり、薬価が安いことも大きな特徴です。
そういった面からも患者にとっては使用しやすいことで、高く評価されているのは間違いありません。
安いコストで高血圧症の改善につなげることができるところからバルサルタンは大きな共感を呼んでいます。