薬を持つ男性と患者を診る医者

高血圧の症状に漢方は効くの?

血圧が慢性的に正常値よりも高い高血圧は、食事による塩分のとりすぎや、運動不足、太りすぎなどといった体質や生活習慣が原因となる生活習慣病の1つです。
血圧が高い状態は血液が血管を流れるときに常に負担がかかってしまうため、ダメージを受けた血管は柔軟性を失って固くなり動脈硬化を引き起こしやすくなります。
また脳卒中や心筋梗塞などの様々な疾患のリスクも高まります。

血圧を下げるために処方されるのが降圧剤、高血圧で何種類かの降圧剤を服用されている人も多いでしょう。
しかし、長年にわたって飲み続けることに不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。
身体への負担が少ない東洋医学で用いられる漢方薬は、根本的に体質を改善することを目的とした薬です。
漢方薬の効果で血圧を上げている原因の体質的な問題が改善できれば、血圧も下がり落ち着くため症状を緩和させることができるのです。

降圧剤は血圧を確実に下げてコントロールするという点では優れており、高血圧が原因の頭痛や動悸などの不快な症状を改善することができます。
しかし血圧が下がっても血圧を上げている原因となっている、食事や喫煙などの生活習慣、遺伝、加齢、ホルモンバランスの乱れなどにアプローチする薬ではないのです。

漢方薬は高血圧の数値ではなく、あらわれている症状や血圧を高めている体質や生活習慣などの原因から考えます。
血管の拡張作用のある生薬で血液の流れを促したり、イライラや興奮を抑え精神のバランスを保ち、動悸を落ち着かせるなど症状を緩和するという点では漢方薬は優れた効果を発揮します。
降圧剤と併用することでより高い相乗効果が期待できるのです。
漢方薬は高血圧に付随して発症している症状を緩和する効果が期待できますが、直接血圧を下げるという効果はないのです。

漢方薬は複数の症状にも効果を発揮する薬なので、たくさんの種類の薬を服用することに抵抗感がある人にも良いでしょう。
しかし漢方薬の効果はあくまでも体質の改善と症状の緩和なので、服用するときには医師への相談が必要です。

即効性を優先するなら高血圧治療薬を

漢方が出来た時代には、血圧を測る技術はありませんでした。
しかし高血圧の効果的な漢方がないわけではありません。
それは、漢方の場合には、身体全体の不調として高血圧にみられる脈の動きを症状のひとつとして認識していたからです。
脈の動きを改善する処方をすれば、その結果として血圧が下がるという仕組みになっているのです。

漢方では血液の流れが悪い状態があるとされており、この血液のめぐりを良くする処方がいくつもあります。
ただ気を付けるべきは、漢方を飲んだらすぐに効くのかというとそうではありません。
いわば高血圧の原因となる体質改善が基本ですので、すぐに効果は現れず少しずつ改善されていくのです。
これは食事療法などと一緒です。
高血圧は長年の生活習慣の蓄積によるものですから、これらのゆっくりした改善方法も長期的には効果があります。

しかし、今まさに高い血圧を下げないと様々な病気を併発してしまうという高リスク状態を打開するには降圧剤の投与が急務です。
血圧の高い状態はそれだけで血管を痛めますし動脈硬化が進めば様々なリスクがどんどん高まります。
人によっては高血圧の症状で頭痛や吐き気などを感じる人もいます。
とりあえず降圧剤で血圧を下げておいて、長期的には血圧が上がらないような体質改善のために漢方を併用したり食事療法や運動療法を行ったりするのが、大事です。

また降圧剤は作用機序がはっきりしていて、比較的誰にでも効きやすいものですが、漢方の場合には現代の治療薬とは仕組みが全く違いますので、処方を間違えると全く効かないばかりかかえって副作用が出てしまう事もあり得ます。
もし高血圧治療に漢方を使うのであれば、漢方療法の専門医に相談するのがいいでしょう。